Windows 10/11 Sモードのメリットとデメリット

Windows 10/11オペレーティング システムを S モードで実行しているデバイスは、アプリケーションを Microsoft Store からの精査されたアプリケーションのみに制限することで、企業により多くのセキュリティと制御を提供します。

現代のクラウド中心の作業環境では、すべてのワークステーションまたはすべての従業員がすべての可能なアプリケーションに完全にアクセスできる必要はありません。

実際、セキュリティ上の理由から、企業や IT 部門が従業員のアクセスを、特定の仕事を実行するために必要なアプリケーションのみに制限した方がよい場合があります。

これを行う最も効果的な方法の 1 つは、従業員のコンピューティングデバイスを実行しているオペレーティング システムのアクセス機能を制限することです。

Microsoft Windows 10 (S モード) は、Windows 10 Pro の構成済みバージョンであり、より安全でありながら同じレベルのパフォーマンスを実現するように設計されています。最も明白な制限は、Sモードでは、Windows 10は Microsoft Storeから検証済みで入手可能なアプリケーションのみをダウンロード、インストール、使用できることです。

クラウド環境で活動を行いながらセキュリティを維持するために、既定のWeb ブラウザーはMicrosoft Edgeです。さらに、SモードのWindows 10は、Microsoft Edgeでより優れた安全なパフォーマンスを発揮するように特別に構成されています。

そのため、Microsoft Storeでは他の Webブラウザーを利用できる場合がありますが、Edge は常に、S モードのWindows 10で使用するのに最も最適化されたブラウザーです。

SモードのMicrosoft Windows 10とWindows 10 Pro の主な違いは、Windows 10 Sバージョンは IntelおよびAMDのx86 プロセッサだけでなく、Qualcomm Snapdragon プロセッサでも実行できることです。この機能により、Windows 10を実行できるデバイスの種類が拡張され、モバイルおよび特定用途のハードウェアが含まれるようになります。

Microsoft Windows 10 (S モード) は、メモリと計算能力が低い小型のモバイルデバイスから、大量のメモリと計算能力を備えた強力なワークステーションまで、さまざまなハードウェアで実行するように設計されています。これは、Microsoft Storeで検証済みで入手可能なもののみにアプリケーションを制限する安全なプロファイルを備えた多目的OS です。

アプリケーションを Microsoft Storeに限定することで、企業や IT部門は、各ハードウェアで許可するアプリケーションをより適切に制御できます。S モードで実行されているデバイスは、他のバージョンのWindows 10や他のオペレーティング システムに共通するマルウェアの多くを回避できます。

ただし、このアプリケーションの制限は、SモードでWindows 10を実行しているハードウェアが他のデバイスやクラウドと通信する能力が制限されていることを意味するものではありません。企業の従業員とのやり取りによる協力、コラボレーション、イノベーションは依然として可能であり、Microsoft Storeで検証された適切なツール セットがあれば、その可能性は非常に高くなります。

SモードのWindows 10は、 Office 365やAzureなどの他の Microsoft 製品やサービスとスムーズに連携するようにさらに設計されたMicrosoft Edge Webブラウザーを実行するように最適化されています。したがって、SモードでWindows 10を実行しているデバイスは、Microsoftエコシステムで最高のパフォーマンスを実現します。これは、特定の状況下で特定の企業に利益をもたらす可能性があります。

SモードでWindows 10を実行しているデバイスは、無料でWindows 10 Proを実行するようにアップグレードできます。このプロセスは、Microsoft Storeからの簡単なダウンロードとインストール アップデートで実行できます。(変換は一方向にのみ機能することに注意してください。)デバイスを Windows 10 Proにアップグレードすると、Sモードに戻すことはできません。

アプリケーションはMicrosoft Storeで検証済みで入手可能なものに限定されるため、Microsoft Storeで Windows 10 Sデバイス用に購入したアプリケーションは、Windows 10 Proデバイスでも入手できます。;ただし、Snapdragon プロセッサで実行されているデバイスは、この点で制限される場合があります。

SモードデバイスがMicrosoft Storeからのアプリケーションのみを使用できるという事実は、多くの状況で利点と見なされる可能性がありますが、他の場合には制限が欠点と見なされることもあります。社内で開発されたアプリケーションを実行し、ストアで入手および検証されていない企業にとって、Windows 10 Sは実質的に役に立ちません。

Edge以外の Web ブラウザー用に最適化されたオンラインおよびクラウドベースのアプリケーションを実行している企業の場合、SモードでWindows 10 を実行しているデバイスを使用することも問題になる可能性があります。Microsoft Storeで利用できるフル機能のWeb ブラウザーはありません。そのため、Sモードのユーザーは、すべての意図と目的で Edgeを使用することになります。

SモードのMicrosoft Windows 10はQualcomm Snapdragonプロセッサをサポートしているため、モバイル デバイスに関連する利点を活用できます。Microsoftによると、モバイル デバイスでの Windows 10 Sモードの主な利点は次のとおりです。

Snapdragonデバイスはセルラー データ接続を備えていることが多いため、少なくともセルラー信号が利用可能な場合は、常にインターネットに接続されています。モバイル スマートフォンと同様に、このようなデバイスは可能な場合はWi-Fi を使用し、必要に応じて自動的にセルラーに切り替えます。いずれにしても、これらのデバイスは接続されたままです。

また、Snapdragonプロセッサを搭載したデバイスは、IntelやAMDの対応するデバイスよりもはるかに少ない電力を消費します。これは、そのようなデバイスが1 回のフル充電で24時間以上持続することを意味します。
:繰り返しになりますが、モバイル スマートフォンと同様に、Snapdragonデバイスはボタンを押すだけでほぼ瞬時に電源を入れることができます。従来の PC のようにオペレーティング システムを起動する必要はありません。

ただし、Sモードで Windows 10を実行するデバイス向けのSnapdragon ロセッサの利点は魅力的ですが、考慮すべき欠点もいくつかあります。これらの Snapdragon の制限事項は次のとおりです。

ハードウェア、周辺機器、ゲーム、およびアプリケーションのドライバーは、SモードのWindows 10 と組み合わせて Snapdragonプロセッサを実行するプラットフォーム専用に開発および展開する必要があります。

このようなデバイスには多くの利点がありますが、依然としてニッチ市場の一部であり、ドライバーが常にすぐに入手できるとは限りません。 Snapdragon プロセッサのSモードは、32 ビット (x86) アプリ、32 ビット (ARM32) アプリ、および 64 ビット (ARM64) アプリのみをサポートします。

S モードの Windows 10のSnapdragonプロセッサで実行されている 32 ビット (x86) アプリケーションは、エミュレーション モードで動作することに注意してください。この余分な処理レイヤーは、一般的なパフォーマンスに悪影響を及ぼす可能性があります。

32 ビット (x86) エミュレーターは、Windows 10 の拡張機能として動作する特定のドライバーやその他のグラフィカルプロトコルをサポートしていないため、一部のグラフィックを多用するアプリケーション、特に特定のゲームは、Snapdragonプロセッサではまったく実行されない場合があります。

Microsoft Windows 10 (S モード) は、すべての企業や状況に最適な選択肢ではないかもしれませんが、オペレーティングシステムが実行可能なオプションである可能性がある実質的な市場がいくつかあります。たとえば、追加の制御とセキュリティは、厳しい規制環境で運営されている業界にアピールする可能性があります。

銀行、金融機関、医療提供者、保険会社、および政府の請負業者は、無数の法律および規制を遵守する必要があります。これらのコンプライアンスの問題の多くは、セキュリティと制限されたアクセスに集中しています。Sモードに組み込まれた制限により、これらの企業は、オペレーティング システムによって制限されたハードウェアを選択するだけで、コンプライアンスの目標の多くを達成できる可能性があります。

さらにWindows 10 (S モード) を実行するデバイスの小さな市場は、教育および学術市場です。小型で安価な常時接続デバイスは、多くの場合、幼い頃に情報技術のスキルを学ぶ学生にとって最良の選択です。Sモードは、少なくとも学校でサポートされているデバイスでは、ソーシャル メディアやその他の気を散らすものを制限することで、小中学生が集中して仕事に取り組めるようにするのに役立ちます。

(via techrepublic

Last Updated on 2022年8月21日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。