AirPods Pro 2に期待される新機能と改善点

次期AirPods Proは、現在のAirPods ProのH1 チップと比較して「大幅にアップグレードされた」ワイヤレスチップを搭載していると、Appleのアナリスト Ming-Chi Kuo 氏は述べています。新しいチップは、改善された「H2チップ」との名称になる可能性があります。

Kuo氏は、第2世代 AirPods Proのアップグレードされたチップにより、音質、遅延、アクティブ ノイズ キャンセリング、Siriなどの機能が向上する可能性を指摘してます。

アップグレードされたチップにより、 Apple Losslessオーディオのサポートも有効になる可能性があります。昨年リリースされたAppleの標準的な第3世代AirPodsは、現在のAirPods Proの最大 4.5 時間と比較して、1 回の充電で最大6時間のリスニング時間を提供します。従って、新しいAirPods Proもリスニング時間が延びることが予想されます。

Kuo氏によると、新しいAirPods Proの充電ケースは音を発することができるため、ケースを紛失したときにケースを見つけやすくなります. AirPods Pro は、iPhone の Find My アプリを介して既に追跡できますが、充電ケースでは音を出すことができません。

また、新しい AirPods Pro充電ケースは、第3世代の AirPodsの充電ケースと同様に、 IPX4 定格の耐水および耐汗性を備えている可能性があります。現在のところ、AirPods Pro イヤフォンのみが耐水性を備えており、ケースは耐水性を備えていません。

次のAirPods Proが第3世代AirPodsから採用する可能性が高いさらに別の機能は、元のAirPods Proのデュアル光学センサーと比較して、より正確なインイヤー検出のための皮膚検出センサーです.

Apple は、皮膚検出センサーが「AirPods が耳の中にあるかどうかを正確に識別し、ポケットやテーブルの上にあるかどうかを正確に識別し、取り外されると再生を一時停止する」と述べています。

AirPods Proにはすでに動きを検出する加速度計が搭載されており、このセンサーを改善することでフィットネス追跡機能が可能になる可能性がありますが、Appleの正確な計画はまだわかりません。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年8月15日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。