iPhoneで発生している不具合は、Googleの検索回数で分かる

今月初め、Freedom Mobilesは、130 を超えるキーワードのリストを使用して、Googleで最もよく検索された iPhone の問題を見つけました。彼らは問題を、米国、英国、世界の 3 つの異なるカテゴリに分類しました。当然のことながら、多くの重複がありますが、さまざまな国で問題がどのようにランク付けされているかを見るのは興味深いことです。

彼らの調査によると、ユーザーがGoogleで検索する最も一般的な iPhoneの問題は、「iPhone が iTunes に接続できない」というものです。これは、間違ったパスコードを10回続けて推測した場合に表示されるメッセージです。

Appleが Webサイトで説明しているように、iPhone を iTunes がインストールされたMacまたはPC に物理的に接続する必要があります。その後、iPhoneの電源を切り、リカバリモードにして、iTunes で復元します。無数のユーザーがこれに苦労していることは驚くべきことではありません.

iPhoneユーザーが検索するその他の問題には、「iPhone のパスコードを忘れた」、「Face ID が機能しない」、「iPhone が Apple ロゴで動かなくなった」、「iPhone が充電されていない」などがあります。

Freedom Mobilesによると、これらの問題に対する世界の平均検索ボリュームはすべて 30,000を超えています。iPhone 最も検索された 2 つの問題が、ハードウェアやソフトウェアの誤動作ではなく、ユーザーのエラーに関係していることは、かなり興味深いことではありますが、特に驚くべきことでもありません。

アメリカで最も差し迫った問題は、パスコードを記憶することと、Face IDを機能させることです。英国では、iPhone所有者もFace IDに問題を抱えていますが、iPhone を充電することは、パスコードを覚えることよりも頻繁に問題になります。

(via BGR

Last Updated on 2022年8月14日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。