Apple、LightningからUSB-Cへの切り替えで利益を上げようとしている!?


画像ソース:ZDNet

廃棄物を削減するための欧州連合の法律により、Appleは、Lightningを捨てて汎用性の高いUSB-C 充電への標準化を余儀なくされます。しかし、抜け目のない同社はすでにこの切り替えから利益を上げることを計画しているようです。

欧州連合は、電子廃棄物を削減するために、充電メカニズムとしてデバイスをUSB-Cで標準化する必要があることを立法しました。すべてのスマートフォンとアクセサリにUSB-Cの使用を義務付けるこの一般的な充電器の法律は、2024年に施行される予定です。

ほとんどのAndroidデバイスはすでにUSB-Cで標準化されていますが、この変更を保留している企業がスマートフォンの巨人Appleです。

Apple はさまざまな方法で USB-Cを採用したと言えます。これはすでにiPadで使用され、最近のMacBook Proは USB-Cポートを使用するように完全に切り替えられました。

しかし、iPhoneとAirPodsに関して言えば、Apple は少なくとも今のところ、Lightningに固執しています。しかし、iPhone 14は、Lightningを利用する最後のiPhoneになる可能性があります。その場合、Apple USB-C に移行するか、ポートを取り外して完全にワイヤレスにする必要があります。

しかし、TF International Securitiesのアナリスト Ming-Chi Kuo 氏によると、Appleは急いで切り替えを行うつもりはないという。AirPodsに関しては、Kuo氏はAppleが「2023年にすべてのAirPodsモデル向けにUSB-C対応の充電ケースを発売する」と予測しており、これはUSB-Cでの標準化を希望するユーザー向けであり、現在のAirPodsの交換用ケースは残る可能性があります。

また、Kuo 氏によると、Apple は AirPods Pro 2 でも同じことを試みており、これらは2022 年後半に最初に Lightning対応のケースで出荷される予定です.

AirPods Pro 2 用のUSB-Cケースの価格は、100 ドル前後になる可能性があります。
iPhone にとって、そしてさらに重要なことに、iPhone 所有者にとって、Lightning の終焉は何を意味するのでしょうか。

AppleがiPhone を USB-Cに切り替えた場合 (そして、コンセンサスはそうするということです)、これはドングルを意味することになると思います。将来、Apple がワイヤレスに移行する場合、ドングルが必要になる場所はCarPlayです。iPhone をアップグレードしたからといって、誰もが新しい車を買いたいと思うわけではありません。ワイヤレスアダプタがこの問題を解決します (ケーブルから解放されたい場合は、ワイヤレスCarPlayドングルを購入できます)。

iPhoneの寿命を考えると、USB-Cへの完全な移行には何年もかかるでしょうが、スイッチは今後数年間で行われます。しかし、Kuo氏が正しければ、AppleはUSB-Cへの移行を可能な限りギリギリまで待って、より多くのアクセサリを販売する方法としてそれを使用することになります。

(via ZDNet

Last Updated on 2022年8月12日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。