[汚職疑惑]パソナを不自然な時期に辞めた竹中平蔵と元大臣経験者が逮捕される可能性

2022年8月11日、「一月万冊」というYouTubeチャンネルで公開された動画「特ダネ!大臣経験者で逮捕が出る可能性。五輪裏金で高橋治之電通元専務と元閣僚のダブル逮捕が8月末にある!?自民党を破壊するのは統一教会問題だけじゃない!元朝日新聞記者佐藤章さん一月万冊」で元朝日新聞記者の佐藤章氏が、元電通の高橋治之(たかはし はるゆき)と元大臣経験者が逮捕される可能性があると発言した。

動画の中で同氏は、東京五輪の関係における収賄で取り調べを受けている元電通の高橋治之氏はAOKIからの金銭授受以外に東京五輪誘致にも関わっているという。

これはすでに解散した森喜朗元終章が代表理事だった嘉納治五郎財団の数億円という金銭が誘致の裏金に使われ、スポーツビジネスで人脈が豊富な高橋氏が仲介して海外の元五輪関係者に誘致のための資金を渡したという。この件については、当時の竹田JOC会長がフランス政府から指名手配されていて、竹田元会長は、日本国外に出ると逮捕される可能性があるという。

この件に関連してセガサミーの里見氏が菅元首相(当時、官房長官)の依頼で、嘉納治五郎財団に2億円寄付したことも分かっている。

「菅義偉官房長官から話があって、『アフリカ人を買収しなくてはいけない。4億~5億円の工作資金が必要だ。何とか用意してくれないか。これだけのお金が用意できるのは会長しかいない』と頼まれた。でも、いくらなんでも額が大きすぎる。『そんな大きな額の裏金を作って渡せるようなご時世じゃないよ』と言うと、菅長官は、『嘉納治五郎財団というのがある。そこに振り込んでくれれば会長にご迷惑はかからない。この財団はブラックボックスになっているから足はつきません。国税も絶対に大丈夫です』と。それで俺は動くことにした。自分だけで5億用意するのは難しいから、知り合いの社長にお願いして、俺が3億~4億、知り合いの社長が1億円用意して財団に入れた。菅長官は、『これでアフリカ票を持ってこられます』と喜んでいたよ。こんなことが出来るのは俺だけだ。俺のオリンピックなんだ」
会長が語ったこの話は、会合の参加者だけではなく、お店の仲居さん4、5人も聞いています。皆楽しそうに聞いていましたよ。会長曰く、このスキームを作ったのは広告代理店だが、『原資は俺の金なんだ』と。広告代理店は『あのアフリカ人親子をターゲットにすればアフリカ票が取れる』といったことも言っていたそうです」
(via デイリー新潮

 

岸田首相が、8月10日という不自然な時期にない内閣改造を行わなければ、高橋治之氏は8月上旬に東京地検によって逮捕されていた可能性があるという。この内閣改造で、逮捕は8月下旬に先送りされたらしい。

さらに重要なのは、情報筋からの話として東京五輪に関係して元大臣経験者も逮捕される可能性があると佐藤氏は述べていいる。

また、疑惑の竹中平蔵氏は、これに関係してるのか、それともパソナに関する裏金問題なのか、容疑は分からないが、すでに任意で検察の聴取を受けているのではないか。

大臣経験者とは、いったい誰であろうか。竹中平蔵氏??、それとも遠藤利明議員??

M林檎

追記:

パソナの超中抜き疑惑以外に、平井元デジタル大臣が、森元首相、菅元首相の手先として、国立競技場付近(神宮外苑)の再開発に動き、そこでの不正を東京地検が調べているようだ。

Last Updated on 2022年8月27日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。