Apple Silicon対応でWindowsを実行できる「Parallels Desktop 18 for Mac」を発売

Parallelsが、Apple Silicon上でWindowsを動作させることができるParallels Desktop 18 for Macを発売しました。

再起動せずに Mac で Windows を実行できるのが、仮想アプリの大きなメリットです。最上位の「M1 Ultra」Apple Siliconチップを含む、最新の Macハードウェアを最大限に活用するように設計されています。

Mac Studioの「M1 Ultra 」を使用すると、Parallels Desktop 18 は以前のバージョンの Parallelsと比較して「最大 96% 高速な Windows 11」のパフォーマンスを実現します。

特徴:

  • Microsoft Office for Windows を含む 20 万以上の Windows アプリケーションを Mac上で実行できます。
  • Intel またはApple Silicon シリーズの MacコンピューターにWindows OSをダウンロードし、インストールできます。
  • MacアプリケーションとWindowsアプリケーション間で、テキストのコピーと貼り付けやファイルのドラッグ & ドロップをシーム
  • レスに実行できます。
  • Macの仮想マシンを活用して複数のOS間で開発およびテストを実行できます。
  • Macの処理速度を落とさず高速にWindows プリケーションを実行できます。

Parallels Desktop 18 には、Standard Edition、Pro Edition 、Business Editionの3種類があります。

価格は、Standard Editionが10,400 円で、Pro Editionはサブスクリプションで11,700 円/年、Business Editionも同じくサブスクリプションの14,700 円/年となっています。

→Parallels Desktop 18 for Mac

Last Updated on 2022年8月9日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。