生命にとって重要な成分を含む可能性のあるスーパーアースを発見


ロス 508 のハビタブル ゾーンを通過するスーパーアースの軌道。画像提供元:アストロバイオロジー センター / すばる望遠鏡

科学者たちは、赤色矮星を周回するスーパーアースを発見しました。この発見は、IRD Subaru Strategic Program (IRD-SSP) による最初の発見です。さらに、天文学者は、赤色矮星などの低質量星が生命を維持できる惑星を提供できるかどうかを疑問視しています。

ロス508 bと名付けられた、新しく発見された太陽系外惑星は、その親星の楕円軌道を保持しています。スーパーアースは地球の約4倍の質量を持ち、赤外線技術を使用して発見されました。惑星自体はその星に非常に近いです。

ただし、その軌道は星の「ハビタブルゾーン」を毎回通過します。これは、大気中で生き残る可能性のある生命にとって重要な成分が存在する可能性があることを意味します。

星に近いことと、星のハビタブルゾーンをすくい取っていることから、科学者はロス508 bについてもっと知りたいと思っています。彼らはまた、赤色矮星などの低質量星の周囲の表面温度が液体の水の存在を可能にするかどうかを知りたいと考えています。

生命にとって重要な要素の 1 つである惑星で液体の水が発見されれば、天文学者にとっては大きなニュースとなるでしょう。
この発見のもう 1 つの印象的な点は、この新しい赤外線法で発見された最初の惑星であることです。赤色矮星は他の星に比べてとてもクールです。それらの温度は、摂氏約1,700度 ~ 3,200度の範囲です。

これらの比較的低い温度は、星の可視光を暗くし、見つけにくくします。赤外線を使用することで、この赤色矮星を周回するスーパーアースを見つけることができました。

科学者がこの方法を開発したのは、太陽系を取り囲む地域では赤色矮星が非常に一般的であるためです。その結果、これらは銀河系外に生命の可能性がある兆候を探すのに最適な場所の 1 つです。しかし、それらをより簡単に見つける必要があったため、IRD-SSPが開発されました。これまでのところ、この最初の発見は非常にうまくいっているようです。

ロス 508 bは、その大気をより深く研究することで、近赤外線技術のみを使用して初めてスーパーアースの検出に成功したというだけでなく、さらに興味をそそられる可能性があります。または、赤色矮星を周回するスーパーアースであること。また、宇宙のどこかで生命を探すための足がかりになる可能性もあります。

(via BGR

Last Updated on 2022年8月6日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。