[地球温暖化]猛暑のスペイン、しかしエアコンを摂氏27度未満に設定することを禁止!

画像ソース:エドゥアルド・パラ/ゲッティイメージズ

ヨーロッパが灼熱の夏と急騰するエネルギー価格に取り組む中、スペイン政府は国民にエアコンを温度設定を制約することに取り組んでいます。これは2022年8月2日の朝に官報で発表され、来週発効する予定の法令は、公共の場所の空調を摂氏27度以上に設定し、それらの建物のドアを閉めたままにすることを義務付けています。

これらの公共の場所には、オフィス、ショップ、バー、劇場、空港、駅などがあります。この法令は、スペインのすべての世帯への勧告として拡張されています。この規則には、冬の間、暖房を摂氏 19 度 (華氏約 66 度) 以下に維持することが含まれており、少なくとも 2023 年 11 月までは維持されます。

スペインのペドロ・サンチェス首相は、同国は緊急にエネルギーを節約する必要があると公に述べており、人為的な支援なしで涼しさを保つためにオフィスワーカーにネクタイを外すことさえ奨励しています。

現在、ヨーロッパ諸国はもつれ合った双子の問題を解決しようと躍起になっています。エネルギー需要を押し上げている猛暑と、エネルギー供給を複雑にしているロシアとウクライナの対立です。スペインを含む国々は、ウクライナとの紛争が続く中、ロシアから供給されるガスに頼らないようにという圧力の高まりに直面しています。

The Guardianのレポートによると、ギリシャとイタリアは先月、公共の建物を冷却する際のエネルギー使用を同様に制限する措置を発表し、空調を摂氏 27 度以上に設定することも義務付けました。

フランスは公共施設に対し、サーモスタットを夏は高め、冬は低めに設定するよう命じており、ドアを開けたままにしておくと、エアコンの効いたビジネスに 750ユーロの罰金を科す. ドイツのハノーバー市は、病院と学校以外での移動式エアコンとファンヒーターの使用を禁止しました。

しかし、誰もがこれらの新しい対策に参加しているわけではありません。マドリッド地域のイザベル・ディアス・アユソ会長は、次のようにツイートしました。「これは不安を引き起こし、観光と消費を怖抑えます。」

米国の大部分よりも伝統的に穏やかな気候を享受している国があるヨーロッパでは、米国の世帯の90% 以上と比較して、エアコンを備えている世帯は10% 未満です。しかし、熱波の頻度が高まるにつれて、国際エネルギー機関は、2050年までにヨーロッパのエアコンの設置台数がほぼ3倍の2億7,500万台になると予測しています。

(via The Verge

Last Updated on 2022年8月4日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。