[ライフ]大切なのはあなたのデバイスではなく、あなたの思考の前に座ること?

私たちは指先だけで、考えられるあらゆる形式のエンターテイメントにアクセスできます。ソーシャル メディアをあてもなくスクロールしたり、お気に入りの番組をストリーミングしたり、仮想ウィンドウ ショッピングをしたりしたい場合でも、デバイスを手に取るのは非常に魅力的です。しかし、最近のアメリカ心理学会の調査によると、人々は、気を散らすものから解放され、自分の考えで一人で時間を過ごすことがどれほど楽しいかを過小評価している可能性があります.

この研究では、研究者は一連の 6 つの実験を行い、259人の参加者が最初に、自分の考えを一人にさせられる体験がどれほど楽しいかを予測する必要がありました。彼らの予測は、参加者が実際に気を散らさずに考えることをどれだけ楽しんだかと比較されました。

実験の 1つでは、参加者は気を散らすことなく20分間座っていました。携帯電話を見ることも、歩くことも、本を読むことも許されませんでした。参加者は、開始前にアクティビティがどれほど楽しいかを予測し、セッションの途中または終了後に再度確認しました。

結果は、参加者が会議室に座っているか、視覚刺激のない小さくて暗いテントエリアに座っているかに関係なく、参加者は予想以上に思考時間を楽しみました。

「私たちの研究は、人は思考がどれほど魅力的であるかを理解するのが難しいことを示唆しています。これは、人々が日常生活で熟考や想像力のために時間を割くよりも、デバイスやその他の気晴らしに忙しくすることを好む理由を説明することができます」と京都大学の波多野博士は述べます。。

これまでの研究では、思考は問題解決、創造性の向上、人生の意味の発見など、多くのメリットをもたらすことが示されています。「思考活動を積極的に避けることで、人々はこれらの重要な利益を逃す可能性があります」と、ドイツのテュービンゲン大学の研究共著者である村山コウ博士は述べましたた.

参加者は、考えることが予想以上に楽しいと感じたにもかかわらず、平均して 7 段階評価で 3 から 4 程度の楽しい作業であると評価しました。村山氏は、すべての思考が本質的にやりがいのあるわけではないため、今後の研究では、思考が楽しいことを探求する必要があると述べています。

(via ZDNet

追記:
私見ですが、思考が楽しいことは確かですが、反対に思考は恐怖ももたらします。現代社会の思考(雑念)と思考しないとを比較することはナンセンスのような気がします。また、思考は楽しいですが、現実世界に戻ってくる力がないとSONS中毒になってしまいます。

Last Updated on 2022年8月4日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。