SpaceXのStarlinkサービス、iPhoneやAndroid向けの衛星ホットスポットを計画!?

7月25日(月)、 FCC (連邦通信員会)への提出書類で、SpaceXがモバイル ユーザーが使用するために、Starlink ライセンスに 2GHz の周波数を追加しようとしていることが明らかになりました。これが何を意味するのかはよくわかっていませんが、携帯電話ユーザーへのサービス提供の始まりとなる可能性があります。

SpaceXの衛星インターネット サービスである Starlinkは、ここ数年で急速にに拡大しました。今年は人工衛星の数が急増し、SpaceX は現在軌道上で2,500 基以上の人工衛星を運用しており、加入者は 50万人近くに上ります。

この 2GHz周波数への拡張は、その信号が障害物による影響を受けにくくなり、スマートフォンなどの小型デバイスにより適したものになることを意味します。SpaceX は、インターネット デバイスにデータを提供するナノ衛星技術企業であるSwarmを昨年8月に買収したことで、この機能を実現でます。

FCCのファイリングによると、既存のStarlink衛星はこのモバイルサービスに対応できません。その代わりに、SpaceXは、新しいモジュールを衛星に取り付け、ユーザーが地上で接続するための小さなモバイルデバイスを製造します。

SpaceXが提案している小さなハンドヘルド・デバイスは、電源に壁のコンセントが必要な大きなディッシュの代わりに使用されます。ただし、FCCファイリングでは、このデバイスがどのように見えるか、または正確にどのくらいの大きさになるかについては詳しく説明されていません。

2019 年にBloomberg の Mark Gurman氏は 、AppleがiPhoneに衛星接続を追加することを検討していると報告しました。このモバイルユーザー向けの Starlink機能は、SpaceXとApple のコラボレーションを意味するのでしょうか?

他の衛星コンステレーションプロバイダーは、Appleとの提携でStarlinkと競合する可能性があります。 OneWebは数年前から LEOコンステレーションを構築しており、AmazonのProject Kuiper は間もなく開始される予定です。

LEO コンステレーションは、ViaSat などの静止衛星よりもレイテンシが低いため、Appleにとって最も理にかなっています。また、SpaceXによると同社のモバイル サービスの遅延は50 ミリ秒まで低くなる可能性があり、ユーザーは遅延を気にする程ではないようです。

この種の低遅延サービスは、Apple がこのサテライト iPhone オプションを通過する場合に必須になります。まず第一に、Appleは、携帯電話が受信できない地域でSOSビーコンとして機能するために、衛星接続のみを使用する予定です。

(via Space Explored

Last Updated on 2022年7月30日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。