米国の規制当局は、小型のモジュール式原子炉の設計を初めて認定


画像ソース:NuScale

2022年7月29日(金)、米原子力規制委員会 (NRC)は、新しい原子炉の設計に認証を発行すると発表しました。これは、米国での使用が承認された7番目の原子炉です。しかし、いくつかの点で、これまでの原子炉とは異なります。

NuScale社の設計した原子炉は、別の場所で建設し、設置場所に移動させることができる小さなモジュール式原子炉です.

小型のモジュラー式原子炉は、大規模な原子力発電所の建設に非常に費用がかかる問題の多くを回避するものとして推進されてきました。これらは、工場で組み立ててから稼働する場所に運搬できるほど小さいため、カスタムのオンサイト構築の課題の多くが解消されます。さらに、問題が発生した場合に原子炉を停止するためにオペレータの操作が不要で安全性を確保する方法で構造化されています。

小型モジュール設計の多くは、原子炉燃料として溶融ウラン塩を使用するなど、従来の原子炉とは異なる技術を使用しています。NuScaleは、燃料と制御棒、およびエネルギーが沸騰水を介して輸送される、はるかに伝統的な設計になっています。

そのオペレーター不要の安全機能には、原子炉全体を大きな水たまりに設置すること、停電の場合に重力によって原子炉に挿入される制御棒、および外部水源からの対流駆動冷却が含まれます。

NuScaleは 2016 年に認証プロセスを開始しました。NRC は、設計認証の申請者に対し、設計が原子炉と使用済み燃料プールを民間航空機の大きな衝突の影響からどのように保護するかを評価することを要求しています。完了すると、認定は連邦官報に掲載され、米国で使用できるようになります。金曜日の発表によると、NRC は公開の段階に入る準備がすべて整いました。
まずは、アイダホ国立研究所に設置され、2030年に稼働予定です。

(via Arts Technica

Last Updated on 2022年7月30日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。