Apple、エルサレムに新しいMacプロセッサ開発センターの開設を準備(多数の職種を募集中)

Appleは、イスラエルで次世代のMシリーズプロセッサの開発に力を注いでおり、現在100を超える職種を募集しています。

昨日、タイムズ・オブ・イスラエルは、Appleが約2,000人を雇用している既存のヘルズリヤとハイファの既存のサイトに加えて、エルサレムに新しい開発センターを追加していることを明らかにしたレポートを投稿しました。

ハイファ生まれのAppleのハードウェアテクノロジー担当シニアバイスプレジデントであるJohny Srouji氏は、

イスラエルのR&Dセンターの設立を担当しました。Srouji氏は、シリコンとテクノロジーエンジニアのチームを構築するというアップルの取り組みを主導し、バッテリー、アプリケーションプロセッサ、ストレージコントローラ、その他のチップを含む新しいシリコンとハードウェアテクノロジーの開発を監督しているとAppleのウェブサイトには記載されています。そのチームの一部はイスラエルに在住しています。

(via Patently Apple

Last Updated on 2022年7月29日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。