iOS 16、編集されたiMessageは、編集前のテキストを表示するようになり、送信を元に戻すには2分に制限

本日リリースされたiOS16とiPadOS16の4番目のベータ版で、AppleはiMessagesで利用できる編集機能と送信解除機能を微調整しました。メッセージを編集すると、編集履歴が編集とともに受信者に送信されるようになったため、元のコンテンツが表示されます。

編集済みのiMessageで、小さな青い「編集済み」ラベルをタップして編集履歴を表示し、「編集を非表示」をタップすると再び非表示にできます。このベータ版の前は、編集されたメッセージに編集されたことが記載されていましたが、送信された以前のメッセージをタップして表示するオプションはありませんでした。

編集履歴の追加に加えて、iMessagesは「編集」オプションが消えるまでに合計5回しか編集できないようになりましたが、編集を行うための15分のウィンドウがまだあります。

BloombergのMark Gurman氏が指摘しているように、編集履歴はiMessageを送信解除して再送信することで回避できますが、Appleは送信取り消しの制限も実装しています。iMessageの送信を取り消すことができるのは、配信後最大2分間で、最初のタイミングから15分です。

送信の取り消しと編集は「iOS16」デバイスに制限されており、元のメッセージはiOS15以前を実行しているデバイスで表示されることに注意してください。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年7月28日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。