Windows用のiCloudパスワードが2FA(2要素認証)コードジェネレーターをサポート

Windows用のiCloudパスワードが2FAコードジェネレーターをサポートするようになりました。Appleは昨年、iCloud Utility for Windowsを初めてパスワードマネージャーで更新し、ユーザーがWindows PCからiCloudキーチェーンに保存されているパスワードにアクセスして管理できるようにしました。これで、iCloudユーティリティが更新され、2要素認証(2FA)コードジェネレーターがサポートされるようになりました。

iCloudfor Windowsの2FAコードジェネレーター
Redditのユーザーが指摘しているように、最新バージョンのiCloud Passwords for Windows(iCloud Utility for Windowsの一部として提供されます)は、2FAとも呼ばれる2要素認証コードで動作するようになりました。

2FAサポートは、iOS15とmacOS Montereyを使用してiCloudキーチェーンに最初に追加されましたが、現在はWindowsでも機能するようになりました。

2要素認証コードは、Webサイトまたはアプリにログインするときに要求できる追加のセキュリティレイヤーです。これらのコードは、1Password、LastPass、iCloudKeychainなどのパスワードマネージャーによって生成できます。

iCloudキーチェーンが2要素認証コードのサポートを追加したため、iPhone、iPad、およびMacユーザーは、これらのコードを保存および保存するためにサードパーティのアプリを必要としなくなりました。

そして今、iCloud Passwordsユーティリティに依存しているWindowsユーザーは、2FAコードジェネレーターにもアクセスできます。ただし、いくつかの制限があります。

Windowsでは、iCloudパスワードはMicrosoft EdgeとGoogle Chromeでのみ機能します。つまり、Mozilla Firefoxなどの他のWebブラウザを好むユーザーは、iCloudキーチェーンを使用して2FAコードを生成する必要があるたびに、iCloudパスワードユーティリティを開く必要があります。

最新のアップデートでは、WindowsユーザーはiCloudキーチェーンパスワードに追加されたメモを追加して表示することもできます。これはiOS15.4で導入された機能です。2021年11月、Appleは、ユーザーがWindowsでiCloudパスワードを使用して強力なパスワードを生成できるようにするオプションも追加しました。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年7月26日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。