iPhone 14、Samsung Galaxy S22より新世代OLEDディスプレイ技術を搭載


画像ソース:Front Page Tec

iPhone 14は、前モデルと同じように、2種類のディスプレイエクスペリエンスを提供します。iPhone 14 Proモデルは最大120Hzのリフレッシュレートをサポートしますが、通常のiPhone14デバイスは固定の60Hzレートでリフレッシュするディスプレイを備えています。

Appleが今年のiPhone世代に使用すると報じられているOLEDスクリーンは、Samsungの最先端のOLEDスクリーン製造プロセスから生まれると伝えられています。

有名なディスプレイアナリストのロス・ヤング氏によると、iPhone 14シリーズは、最新のMacRumors12 OLEDパネルを搭載する予定です。以前のレポートによると、Samsungは今年初めにGalaxy S22でこれらの画面を使用せず、コストを削減を図りました。

旧モデルのiPhone Xは、OLEDスクリーンに移行したAppleの最初のスマートフォンでした。OLEDパネルは、色と明るさに関してLCDよりも優れた性能を発揮します。また、OLEDパネルは黒を表示するためにエネルギーを消費する必要がないため、LCDよりもエネルギー効率が高くなる可能性があります。

AppleがiPhone Proモデルで使用するProMotionディスプレイのような動的リフレッシュレートを追加すると、効率がさらに向上します。

Appleは、iPhone 12が登場した2020年に、すべてのiPhoneモデルをOLEDに移行しました。唯一の例外はiPhone SEモデルに関するもので、LCDパネルが付属している唯一の新しいiPhoneです。次に、AppleはiPhone 13 ProとPro Maxに120Hzのリフレッシュレートのサポートを追加しました。

SamsungはiPhoneXを搭載した最初で唯一のOLEDパネルサプライヤーであり、このコンポーネントによって巨大な収入を得ています。

ヤング氏はフォーブスに対し、SamsungのOLED技術に関しては、すべてのiPhone 14モデルが同様のディスプレイを備えていると語りました。これは、この分野におけるサムスンの最新のイノベーションを表す新しいM12 OLEDです。

M12世代は、ディスプレイパフォーマンス、色精度、およびエネルギー効率を向上させます。エネルギー効率は、このOLEDパネル世代の直接的な利点の1つです。iPhone 13 Pro Maxのパフォーマンスを考慮すると、iPhone 14 Pro Maxは今年もバッテリー寿命の記録を樹立すると予想されます。

SamsungはGalaxy S22モデルの最新のM12OLED技術を使用せずにコストダウンのため。Galaxy S22モデルはM11 OLEDパネルを搭載しました。iPhone 13シリーズもM11 OLEDディスプレイを使用しています。

(via NGR

Last Updated on 2022年7月25日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。