Bloombergのガーマン氏、Apple Watch「Pro」はシリーズ4以来の再設計モデルになる

Bloombergのマーク・ガーマン氏によると、 Apple Watch Series 8のハイエンド版は、Apple Watchにとって数年ぶりの再設計と新しいチタンケーシングを備えていますが、長い間噂されていた四角い外観は備えていません。

ガーマン氏は「PowerOn」ニュースレターの最新版で、今年のハイエンドAppleWatchモデルは現在のAppleWatchモデルよりも「かなり大きく」なるため、「ユーザー全体にはアピールできない可能性がある」と述べています。」このデバイスは、7%大きいディスプレイを備えていると予想されます。

ガーマン氏は、ハイエンドのApple Watchが2018年のAppleWatch Series 4の発売以来、最初の新しいデザインを備えているという噂を再確認しました。それは明らかに円形ではなく、噂の平らなサイド面はありません。」代わりに、ガーマン氏は新しいデザインを「現在の長方形の形の進化」であると説明しました。

彼はそれが「それをより頑丈にするためにチタンのより耐久性のある配合」で作られたケーシングを持つであろうと付け加えた。Gurman氏によると、このデバイスは、新しい低電力モードを介した1回の充電で数日間持続する可能性のあるより長いバッテリー寿命も備えていると予想しています。

AppleWatch Series 8に期待される唯一の新しい機能は、体温センサーであり、血圧モニタリングは2025年まで搭載されないと予想され、血糖モニタリングは、まだその先になりそうです。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年7月25日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。