Apple、iPhone 14の発売に先立ち、新規のコンポーネント・サプライヤーを追加

Appleは、新しいデバイスとなるiPhone 14が今秋に正式に発表される予定であるため、今後数週間でiPhone 14ラインナップの量産を開始する準備をしています。しかし、同社が供給の問題に直面しているため、Appleは現在、次期iPhone14モデルのサプライヤーのリストを拡大しています。

SG MicroのコンポーネントはハイエンドのiPhone 14モデルの品質認証に合格しています。その結果、集積回路を専門とする中国の会社が、iPhone 14 ProおよびiPhone14 Pro Maxのコンポーネントを提供するAppleのサプライヤーリストに加わりました。

Appleは、今年のiPhoneでSG Microの電力管理集積回路(バッテリーとレベルシフターを管理する)を使用します。Kuo氏は、SG MicroがAppleのハイエンド製品にコンポーネントを供給するのはこれが初めてであり、これは中国企業の収益増加に役立つだけでなく、iPhone14の出荷にもプラスの影響を与えると述べました。

アナリストはまた、SG Microとの契約は、そのチップの技術的能力が「ティア1レベルに達している」ことを意味していると述べています。これは、より高価なハイエンド電子デバイスで使用されるコンポーネントに必要です。今年の初め、AppleはiPhone 14 Pro向けのカメラコンポーネントの新しいサプライヤーとも提携しました。

iPhone 14の出荷は遅れる可能性がありますか?
5月に、日経アジアのレポートは、中国でのCOVID-19の封鎖により、iPhone14の生産が3週間遅れたことを明らかにしました。これらのレポートは、iPhone 14 Max(iPhone miniに取って代わると予想される新しい6.7インチミッドレンジモデル)が遅延の影響を最も受けていることを明らかにした。これはアナリストのJeff Pu氏によって裏付けられました。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年7月23日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。