【ハッキング】悪意のあるハッカーが、Twitteアカウントから漏洩した540万件のデータを3万ドル(約410万円)で販売中

Twitterが受けたデータ侵害により、ハッカーは540万のアカウントの連絡先の詳細にアクセスしダウンロードしました。Twitterのハンドル、電話番号、住所を含むデータは、ハッキングフォーラムで30.000ドル(約410万円)で売りに出されています。

1月に確認されたTwitterの脆弱性がハッカーによって悪用され、540万人のユーザーのアカウントデータを漏洩したとされています。その後、Twitterが脆弱性にパッチを適用しましたが、ハッカーが取得したとされるデータベースは、本日、人気のハッキングフォーラムで販売されています。

投稿は現在も公開されており、540万人のユーザーで構成されているとされるTwitterデータベースが販売されています。ハッキングフォーラムの売り手は「devil」というユーザー名でアクセスし、データセットには「有名人、企業などのデータ」が含まれていると主張しています。

Restore Privacy は、検証と分析のためにサンプルデータベースをダウンロードしました。これには、世界中の人々が含まれ、公開プロフィール情報と、アカウントで使用されているTwitterユーザーの電子メールまたは電話番号が含まれます。

私たちが調べたすべてのサンプルは、Twitterの公開プロファイルで簡単に確認できる実際の人々と一致しています。

プライバシーウェブサイトは売り手に連絡し、データベースの提示価格は$30,000(約410万円)であると言われました。
このような情報は、宣伝目的、またはさまざまな有名人をターゲッティングする目的で、悪意のある当事者に販売される可能性があります。

また、私が発見したすばらしい機能は、この方法を使用して、一時停止されたTwitterアカウントのIDを見つけることさえできることです。現在、Twitterユーザーが自分のアカウントがデータ侵害に含まれていたかどうかを判断する方法はありません。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年7月22日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。