中国のSMIC出荷の7nmチップ、台湾のTSMCの技術を無断でコピーしたものか?


画像:TechInsights

アナリスト企業のTechInsightsによると、中国のファウンドリSMICは、ビットコインマイナーSoC用の7nmプロセスノードに基づいてチップを製造しており、2021年7月から出荷されています。

TechInsightsはチップをリバースエンジニアリングし、「初期画像はTSMC 7nmプロセス技術の厳密なコピーであることを示唆している」と述べ、台湾を拠点とするTSMCが過去に2回、SMICをその技術をコピーしたとして訴えていましたが、それを裏付ける発見です。

TechInsightsのレポートによると、TSMC、Intel、Samsungはすべて、SMICの7nmよりもはるかに高度な技術を開発しており、少なくとも2ノード先を行っています。とにかく、SMICが7nmプロセスを出荷することの重要性は誇張することはできません。

SMICは米国政府によって厳しく認可されており、高度なEUVチップ製造ツールへのアクセスを制限しています。ただし、企業は明らかに既存のツールを使用して7nmチップ(および場合によってはそれよりも小さい)を製造できますが、経済性と歩留まりはそれほど望ましくない状態のようです。

台湾を拠点とするTSMCは、プロセス技術をコピーしたとしてSMICを2回(2002年と2006年に)訴えました。SMICがTSMCの7nmをコピーした可能性があるというTechInsightsの主張は、2社間のさらなる法廷闘争につながる可能性があります。

MinerVaビットコインマイニングチップは非常に基本的で、わずか4.6 x 4.2 mmの大きさであり、SMICがまだチップ開発の初期段階にあることを意味します。それにもかかわらず、これらのタイプの小さく、単純で、基本的なチップは、プロセステクノロジがさらに洗練されている間、学習ノードとして機能することがよくあります。

(via tom’s hardware)

Last Updated on 2022年7月21日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。