ミッドナイトブルーのM2 MacBook Airは傷が付きやすい弱点を抱える

ユーザーが最初のミッドナイトブルーM2 MacBook Airを受け取ってから、ほんの数日しか経っていません。それにもかかわらず、ジェットブラックカラーのiPhone 7以降、私たちが見たことのない懸念がすでに浮かび上がっています。

これらの特定のMacBook Airの仕上げは、特に引っかき傷や擦り傷がつきやすいようです。
Appleは以前、どんなアルミニウム製品も使用によって傷がつく可能性があると指摘しました。それでも、初期の報告では、クパチーノを拠点とするハイテク巨人が過去に直面した問題を指摘しています。スペースグレイのiPhone 5や前述のジェットブラックのiPhone7のように、このミッドナイトブルーの仕上げは繊細すぎるようです。

使用開始からわずか1日で、一部のレビュー担当者とユーザーはこの問題に気づきました。YouTuber Zone of Techは、USB-Cポートが1日使用しただけで引っかき傷や擦り傷を示していることに気づきました。同様に、MKBHDは、真新しいミッドナイトブルーのMacBookAirのUSB-Cポートの傷をこすり落とすのに苦労していることを示しています。

仕上げに傷が付きやすいのは、USB-Cポートだけではないようです。トラックパッドの周りにも傷が現れるのを目にした人もいます。

もちろん、人々がミッドナイトブルーのカラーオプションについて不満を言っているのはそれだけではありません。仕上げは指紋発生器であると言う人も少なくありません。シルバーモデルにはない問題です。

少なくとも1人のRedditorは、指紋や擦り傷からラップトップを保護するために、疎油性コーティングである「液体スクリーンプロテクター」の使用を提案しました。ただし、それは最善のアイデアではない場合があります。M2 MacBook Airは、ファンなしでパッシブ冷却のみに依存しているため、このようなコーティングは過熱につながる可能性があります。

(via MacObserver

Last Updated on 2022年7月21日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。