Kuo氏:サプライチェーンの供給問題、iPhone14の大領生産への影響は限定的

一部のiPhone14コンポーネントは、サプライチェーンの問題に直面していますが、AppleのアナリストMing-Chi Kuo氏は、この問題が9月に発表される予定のiPhone14モデルの今後の量産への影響は限定的になると考えています。

ツイートの中で、Kuo氏は、他のサプライヤーがコンポーネントの不足を補うのを助けることができると言いました。

Kuo氏は、Samsung DisplayとBOEは、iPhone 14とiPhone 14 Maxのディスプレイパネルの外観に関するLG Displayの問題によって引き起こされた初期供給ギャップを大幅に埋めることができると述べました。Kuo氏はまた、LG Displayがこの問題を解決するのにそれほど時間はかからないはずだとも述べました。

全体として、Kuo氏の説明は、今年後半にiPhone 14が利用可能になるための朗報です。ラインナップには、6.1インチのiPhone 14、6.7インチのiPhone 14 Max、6.1インチのiPhone 14 Pro、6.7インチのiPhone 14 Pro Maxが含まれる予定です。

また、最近、一部のiPhone 14パネルおよびメモリサプライヤが供給の問題を経験していることを知りましたが、他のサプライヤが供給ギャップを埋めることができるため、iPhone14の今後の大量生産への影響は限定的です。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年7月20日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。