Microsoft、以前のように約3年に1回ペースの新Windowsのリリーススケジュールに変更

Windows Centralからの報告によると、MicrosoftはWindowsの更新方法の大きな変更を計画しています。

Microsoftは、Windows 10のように単一バージョンのWindowsを何年も更新するのではなく、ほぼ3年に1回、新しいメジャーバージョンのWindowsをリリースするスケジュールに戻り、次回の「Windows 12」を軌道に乗せる予定です。 2024年秋のある時点でリリースされます。

一見すると、これはWindows 10以前の現状に戻ったように見えます。2006年のWindows Vistaは、2009年のWindows 7、2012年のWindows 8、2015年のWindows 10に引き継がれました。しかし、レポートによると、Microsoftは、新機能のドロップ(内部では「モーメント」と呼ばれる)を計画して、現在のWindowsリリースを着実に改良していきます。

およそ四半期に1回。保留中のWindows11 22H2アップデートの大きな変更をすべて保存するのではなく、年間を通じて着実に進化してきたWindows 11で、すでにそのことを行っています。

Windows 11が2021年10月にリリースされたとき、Microsoftは、Windows11とWindows10の両方が年の後半に年に1回メジャーな「機能更新リリース」を受け取ると述べました。これは、これらの更新を1年に2回受け取ったWindows10からの変更です。

しかし、Windows Centralは、Windows 11の2023機能の更新がすでに「廃棄」されていることを報告しており、大きな年次更新モデルが永久になくなる可能性があることを示唆しています。

より明確な時期のWindowsリリースに戻ることには利点があるかもしれません。これは、主要な更新に伴う追加のユーザー認識とメディアの注目の恩恵を受けながら、より大きなユーザーインターフェイスの変更または内部的な改善を行う機会です。また、システム要件を変更して、Windows12を実行しているシステムがWindows11を実行しているシステムよりも高性能なハードウェアを備えていることを確認することもできます(ただし、ユーザーにとっての欠点は、Windows 11のすでに制限されている要件がさらに厳しくなることです)。

(via Arts Technica

Last Updated on 2022年7月16日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。