【公然の秘密?】京都の舞妓は、飲酒や売春もさせられるのか?

Twitterでの元舞妓さんの投稿が話題となっている。以下が投稿内容だ。もちろん、写真も顔を隠して投稿されている。

「この世から抹消されるかもしれんけど、これが舞妓の実態。当時16 歳で浴びるほどのお酒を飲ませられ、お客さんとお風呂入りという名の混浴を強いられた(全力で逃げたけど)。これが本当に伝統文化なのか今一度かんがえていただきたい。写真はお客さんと山崎18年一気飲み大会で勝利した時と飲酒」

舞子さんは、通常、その華やかさにあこがれる女子が、中学を卒業すると置屋というところで修行を始める。ある程度のお稽古事をマスターすると、置屋は舞妓さんを料理屋などからのオーダーにより舞妓さんに派遣する。舞妓さんの生活や置屋の女将さんの指導は厳しく、三味線などの和楽器の演奏や小唄、日本舞踊の練習などで行き詰まり、途中で脱落してしまう女子も多いと聞く。

舞妓は京都独特のもので、祇園や先斗町などの一見さんお断りの料理屋などにお客の会話や踊りを披露するために置屋から派遣される。
筆者も京都に慣れた人の案内で舞子さん遊びを体験したことがあるが、着物は華やかで美しい女子も少なからずいた。当時、舞妓さんは、必ず自分の名前を描いたシールを持っていて、お客となっている私たちに名刺代わりに配っていた。

舞妓さんは、だいたい二十歳になるころに、本格的な芸妓(京都以外では芸者)になるらしいが、その際には旦那がとなるスポンサーに身を売る「水揚げ」ということが行われたのも過去の話らしい。
現在では、もっと舞妓も自由になり、自由恋愛をしてスポンサーとなる人と結婚をしたりすることもあるらしい。

さて、今回のTwitterrで問題は未成年飲酒と舞子へのセクハラ行為だ。
こういう環境があるのは、送り出す親もうすうす気が付いているのだが、子供が舞子になることへの決意が固いと止められない。

さらに日本では、昔から未成年飲酒に寛大なところがあって、置屋によっては未成年飲酒を止めているどころか、お付き合いをしなさいと推奨しているところもあるらしい。未成年の若い女性が、年の差のあるたくさんの男性たちからお酒を薄められれば、なかなか断りずらいし、酔ってしまうと何をされても抵抗できない状況に置かれてしまう危険があるから大変だ。

京都の舞妓さんは伝統的な存在だが、世間の常識や法律は、伝統と相いれない場合が多くなっている。これを踏まえて、京都の花街関係者は、舞妓の育成及び彼女たちを危険(毒牙)から守る体制を早急に作るべきだと思う。

Last Updated on 2022年7月13日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。