ロシアの政治的ハッカーグループは、ウクライナ以外の国々を攻撃

親ロシアのハッカーグループのKillnetによるリトアニアに対する攻撃は6月20日に始まりました。次の10日間、政府と企業に属するWebサイトは)あまり高度な技術を要しない)DDoS攻撃に襲われ、トラフィックが過負荷になりオフライン状態になりました。

「通常、DDoS攻撃は1つまたは2つのターゲットに集中し、大量のトラフィックを生成します」と、リトアニアの国立サイバーセキュリティセンターのディレクター代理を務めるJonas Sakrdinskas氏は述べています。しかし、今回は異なっていました。

攻撃が始まる数日前に、リトアニアは石炭と金属が自国を経由してカリーニングラード(飛び地のロシア領土)に輸送するのを阻止し、ロシアとの紛争におけるウクライナへの支援をさらに強化しました。

Sakrdinskasによると、攻撃は継続的であり、リトアニアの日常生活のあらゆる分野に広がっていました。リトアニア政府によると、公共部門と民間部門の両方で合計130を超えるWebサイトが「妨害」されたか、アクセスできなくなりました。

Sakrdinskasによれば、Killnetに関連した攻撃は、7月の初めからほとんど中止されており、政府は犯罪捜査を開始しました。攻撃は、2月のウラジーミル・プーチン大統領の戦争の開始以来の親ロシアの「政治的ハッカーの活動の最新の波にすぎません。ここ数ヶ月、Killnetはウクライナを支援しているが戦争に直接関与していない国のリストをターゲットにしています。ドイツ、イタリア、ルーマニア、ノルウェー、リトアニア、および米国のWebサイトに対する攻撃は、すべてKillnetにリンクされています。

このグループは10カ国で「戦争」を宣言しました。ターゲティングは、国がウクライナのサポートを提供した後に行われることがよくあります。一方、別の親ロシアの政治的ハッカーグループであるXakNetは、ウクライナ最大の政治的ハッカーグループを標的にしたと主張しています。

ロシアは長い間、ランサムウェアグループなどのサイバー犯罪者の本拠地であり、ロシアの企業を標的にしない限り、この国はほとんど無視してきました。同時に、ロシアの軍事ハッカーは何年にもわたって世界的な混乱を引き起こし、ウクライナで停電を引き起こし、オリンピックをハッキングし、史上最悪のサイバー攻撃を行ってきました。

ロシアは世界中でサイバー攻撃を開始することを一貫して否定してきましたが、戦争が始まって以来、国の支援を受けたロシアのハッカー に対する証拠が山積みになっています。

(via Arts Technica)

Last Updated on 2022年7月12日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。