先進国の出生率低下を危惧するイーロン・マスク氏は、会社での育児手当を大幅増額と明言!

イーロン・マスク氏は、「文明がこれまでに直面している最大の危険」であると断固として主張している。「人口不足の危機」に取り組むという彼の使命の一環として、会社の育児給付を増やすつもりだと述べています。世界で最も裕福な男は現在、テスラ、SpaceX、ニューラリンク、ボーリングカンパニーを経営しています。

「可能であれば、子供たちはそれだけの価値があります」とマスク氏は述べています。「会社で育児手当を大幅に増やすことを計画しています。うまくいけば、他の企業も同じことをします。」

マスク氏の声明は、数人の子供を持つことの経済的影響について尋ねるツイートに応えて出されたものです。マスク氏は、マスク財団も「家族に直接寄付する」と付け加えていますが、これが正確に何を意味するのかは不明です。マスク氏は、来月、これらの計画についてさらに詳細を共有すると述べています。

テスラは現在、最大16週間の有給の家族休暇を提供し、不妊治療サービスに最大40,000ドルをカバーしています。ニューラリンクの求人情報は、育児休暇を提供していることを示していますが、SpaceXとボーリングカンパニーがどのような家族関連の福利厚生を提供するのかは不明です。

彼はツイッターを通じて、ミシガン州フリントに資金を提供し、住民がきれいな水にアクセスできるようにすることを約束しました。これは、最近、市が学校できれいな水飲み場を発表するために使用しました。また、ロシアの侵略の開始時に、ウクライナのゼレンスキー大統領による衛星インターネットの提供という願いに応えました。

マスク氏が育児給付を増やすという彼の約束を実行するのか、それとも気まぐれなのか、見極める必要がありました。

(via The Verge

Last Updated on 2022年7月10日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。