Shazamアプリ、iPhoneの組み込みの音楽認識機能と同期するようにアップデート!

人気の音楽認識サービスであるShazam(無料)は、iPhoneおよびiPadアプリを更新し、iOSの音楽認識機能で識別された曲がShazamアプリと同期するようになりました。

Shazamアプリは外部の再生中の音楽を認識するように設計されており、識別後は曲のタイトルとアーティストを提供します。AppleのiPhoneとiPadは、アプリがインストールされているかどうかに関係なく、組み込みのShazam統合機能を備えており、コントロールセンターの[音楽認識]ボタンから、またはSiriに再生中の曲を特定するように依頼することで利用できます。

以前は、コントロールセンターの音楽認識とShazamアプリ間の同期機能は、iOS 16開発者ベータ版を実行しているデバイスに限定されていたと考えられていましたが、Shazamは、iOS15を実行しているデバイスの現在のアプリにこの機能を展開しました。

また、このアップデートの新機能として、Shazamの履歴がデバイス間で同期されるようになりました。以前は、コントロールセンターの音楽認識ボタンを長押しすると、現在のデバイスの曲識別履歴のみが表示されていました。ただし、今後は、アプリまたはコントロールセンターのどちらを介して行われたかに関係なく、同じAppleIDにサインインしたデバイスから識別されたすべての曲が表示されます。

何年にもわたる‌‌Siri‌‌統合の後、Appleは2018年にShazamを買収し、iOS 14.2以降、Appleのモバイルデバイスはシステムレベルの曲認識機能を備えています。

’(via MacRumors

Last Updated on 2022年7月9日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。