Apple、iPhone 14の第1派出荷を10%削減!?

台湾のDigiTimesは、Appleがサプライチェーンの混乱によりiPhone 14の注文を10%削減していると報告しています。半導体業界の情報筋は、3人の大規模なTSMC顧客が最近注文を調整したとDigiTimesに伝えています。その結果、Appleは第1波の出荷目標である9千万台を10%削減しました。伝えられるところによると、Appleはすでに次の主力携帯電話の量産を開始しているが、今秋に利用できるユニットは900万台少なくなるかもしれません。

報告書は、家電製品の需要は現在「予想よりも悪い」と主張しています。AMDやNVIDIAのような企業は、供給を十分に速く動かすことができません。それが彼らが注文を調整している理由です。これは、TSMCの生産能力に影響を及ぼします。

レポートが指摘しているように、NVIDIAは事前に生産能力と特定の条件についてTSMCに前払いしましたが、NVIDIAは現在、注文を削減したいと考えていま。
TSMCはNVIDIAが支払ったチップを製造するが、伝えられるところによると、最初の納品を少なくとも1シーズン、あるいは2023年第1四半期まで延期することで合意を得たとのことです。。

Tom’s Hardwareは、これによりNVIDIAが老朽化した供給の一部をアンロードする時間を与える可能性がある一方で、 NVIDIAがRTX 40シリーズチップを展開する機会を得る前に、AMDがRadeon RX7000シリーズGPUを発売するための扉を開く可能性があると指摘しています。

興味深いことに、このレポートは、AppleのアナリストMing-Chi Kuo氏が中国でのiPhone14の「強い需要」についてツイートしてから数時間後にヒットしました。Kuo氏は、最新の調査によると、中国の販売業者は「十分な供給を確保するために、iPhone14にこれまでで最高のプリペイドデポジットを支払っている」と述べています。

彼は、iPhone 14に対するこのような高い需要は、「発売後にiPhone 14の注文が削減されるリスクに関する市場の懸念を軽減する可能性がある」と付け加えました。

これらの2つのレポートは矛盾しているように見えます。しかし、過去3年間繰り返し見てきたように、状況は数日または数時間で劇的に変化する可能性があります。そのため、AppleによるiPhone 14の注文の削減に関する詳細情報に注目します。

ただ、日本国内では、iPhoneの価格が円安により、20%ほど値上がりしたため、買い控えが起こることは確実です。これは、日本がiPhone人気の高い国だけに初期出荷量に影響を与えるかも知れません。

(via BGR)

Last Updated on 2022年7月2日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。