PCI Express 7.0規格、8倍の帯域幅を提供!SSDが爆速に!?

規格化標準団体のPCI-SIGはPCIe7.0仕様を起草し、2025年にそれを完成させることを目指しています。PCIe 5.0が新しいPCに登場し始めたばかりですが、バージョン6.0まではすでに規格があります。
PCI Express標準の開発と更新を担当するグループであるPCI-SIGは、およそ3年ごとにその標準を更新することを目指しています。

バージョン6.0は今年初めにリリースされ、グループはPCIeバージョン7.0が現在2025年中に完成する予定であると発表しました。すべての新しいPCI Expressバージョンと同様に、その目標は、PCIeの前身の利用可能な帯域幅を2倍にすることです。 7.0の場合は、単一のPCIe7.0レーンが最大32GB/秒の速度で送信できることを意味します。

これは、PCIe6.0で約束されている1秒あたり16GBの2倍ですが、現在のハイエンドGPUおよびSSDで使用されている標準のバージョンであるPCIe 4.0と比較すると、さらに印象的です。単一のPCIe4.0レーンは毎秒約4GBの帯域幅を 提供し、単一のPCIe 7.0レーンと同じ速度を提供するには、これらのレーンのうち8つが必要です。

PCIe 7.0の速度を上げると、状況に応じて向上します。 今日のSSDとGPUは主にPCIe4.0を使用しており、PCIe5.0は新しいPCに採用され始めたばかりです。

速度を上げると、これまでになく高速なGPUとストレージデバイスへの扉が開かれますが、帯域幅がこれほど大きくなると、より少ないPCIeレーンで同じ量の作業を行うことも可能になります。今日のSSDは通常4レーンのPCIe帯域幅を使用し、GPUは通常16レーンを使用します。同じ数のレーンを使用して、より多くのSSDとGPUをサポートしながら、今日のアクセサリと比較して帯域幅を大幅に増やすことができます。これは、サーバーで特に役立つ可能性があります。

以前のすべてのバージョンのPCIe標準と同様に、PCI-SIGは、PCIe7.0デバイスは古いPCIeバージョンとの完全な下位互換性を維持すると述べています。実際のアクセサリがPCIe7.0で約束されている毎秒32GBの完全な速度に到達しないようにするオーバーヘッドがいくつかありますが、これはすべてのこれまでのPCIeバージョンに当てはまります。

バージョン7.0は言うまでもなく、消費者向けPCでPCI Express6.0が見られるようになるまでには1〜2年かかります。

(via Arts Technica

Last Updated on 2022年6月24日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。