Chrome for iOS、悪意のあるWebサイトからユーザーを保護を強化された新バージョンをまもなく公開!

Googleは本日、 iPhoneおよびiPadのChromeブラウザに追加されるいくつかのアップデートを発表しました。これには、フィッシング、マルウェア、その他のWebベースの脅威に対するユーザーの保護を強化するように設計された機能であるEnhanced Safe Browsingが含まれます。

拡張セーフブラウジング機能のセーフブラウジング機能を使用する設定では、Webページが危険な場合にユーザーに事前に警告します。Chromeは、ブラウザに入力されたユーザー名とログインがサードパーティのデータ侵害で侵害された場合にも警告を発します。

拡張セーフブラウジングは、デスクトップとAndroidでしばらくの間利用可能でしたが、次のChromeアップデートでiOSにも拡張されるように設定されています。

拡張セーフブラウジングに加えて、Chromeはオートフィルプロバイダーとして設定することもでき、デスクトップに加えて「iPhone」と「iPad」でログインとパスワードを入力できます。

インターフェースを微調整することで、ユーザーはアプリをしばらく使用していなくても、Chromeで新しいコンテンツを見つけたり、新しい検索を開始したりできます。最近のタブは引き続き利用できますが、Googleは、ユーザーがコンテンツを閲覧したり、頻繁にアクセスするサイトにすばやく戻ったりできるようにしたいと考えています。

iOSのChromeアクションでは、‌iPhone‌および‌iPad‌ユーザーがアドレスバーにアクションを入力して、データの閲覧をクリアしたり、認識タブを開いたり、Chromeをデフォルトのブラウザとして設定したりできます。さらに、デバイス上のマシン学習でWebサイトを翻訳できるようになりましたあなたの言語に速く。

Googleによると、これらの機能は次のリリースで提供される予定であり、iOSChromeアプリでは「さらに多くの革新」が進んでいるとのことです。‌

’via MacRumors

Last Updated on 2022年6月24日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。