信じられないほど便利なiOS16機能、Photoshopでの膨大な作業時間を節約!?

iOS 16(およびmacOS Ventura)に新搭載いるのは、信じられないほど便利で楽しい機能です。つまり、ほぼすべての画像から被写体を瞬時に切り取ることができます。

仕組みは次のとおりです。

写真を見つけて、被写体を長押しします
写真、Safari、またはファイルアプリで画像を見つけて、切り取りたい被写体を長押しします。背景と区別できる限り、これはほとんど何でもかまいません。人、動物、そして事実上すべてのオブジェクトを選択できます。

長押しして画像を選択すると、少し触覚的な振動が感じられます。次に、指を離すと、白い輪郭がその周りを移動し、ポップアップメニューが表示されます(ポップアップメニューが表示されない場合は、件名をもう一度タップしてみてください)。このメニューはアプリによって異なります。写真では、「コピー」と「共有」としか表示されない場合があります。

画像をコピーしたら、クリップボードに貼り付けるのと同じように貼り付けることができます。メッセージを開き、メッセージスペースをタップして、[貼り付け]を選択します。ファイルを開き、目的のフォルダに移動して、空のスペースを長押しし、[貼り付け]を選択します。

ただし、マルチタスクが得意な場合は、コピーアンドペーストダンスを行う必要はありません。写真アプリ、カメラロール、またはファイルアプリでは、画像の被写体を長押しすると、指を押したまま画像のコピーがページから「浮き上がり」ます。これでドラッグできます。画面に指を置いたままであれば、他の指を使って他のアプリにスワイプし、切り取った被写体をドラッグアンドドロップするだけです。

Appleは、これらの画像をPNGを透明な背景で扱います。これは、それらを使ってより創造的なことをしたい人にとって便利です。

(via MacWorld)

Last Updated on 2022年6月22日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。