iOS16、送信してから最大15分後にiMessageを編集または送信解除可能

iOS16で送信してから最大15分後にiMessageを編集または送信解除できます。

iOS 16では、送信後15分以内にiMessageを編集または送信解除できますが、それ以降は編集できなくなり、送信を取り消すことはできなくなります。

iMessageの送信を取り消すか、iMessageを編集するには、両方のメッセージユーザーが「iOS16」を実行している必要があります。iOS 15以前を実行している人には、それは機能せず、編集機能も機能しません。

iMessageの会話でiMessageを長押しし、[編集]または[送信を元に戻す]をタップすると、iMessageを編集または元に戻すことができます。これらの機能は青いバブルiMessageに限定されており、緑のSMSメッセージでは機能しないことに注意してください。

最近削除されたメッセージを回復する新しいオプションもあり、削除されたメッセージは、それらを削除してから最大30日間回復できます。削除されたメッセージは、[フィルター]リストの下の[最近削除された]セクションにあります。最近削除されたものは、iMessageとSMSメッセージの両方で機能します。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年6月7日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。