WWDC発表の可能性を高める「realityOS」商標出願

WWDCが1週間強で開始される前に、Appleの今後のAR / VRヘッドセットオペレーティングシステムの名前である「realityOS」の興味深い商標出願の詳細がオンラインで再表示され、Appleが何を準備しているかについての手がかりを提供します。

2つの別々の商標出願(1、2)は、パーカー・オルトラニによってツイッターで共有されました。パーカー・オルトラニは、どちらも最初は2021年12月8日に提出されましたが、さらに興味深いことに、どちらも2022年6月8日の外国出願期限でリストされています。 AppleのメインWWDC基調講演からわずか2日後。USPTO Webサイトの別の出願には、2022年6月9日の外国出願期限が記載されています。

ファイリング自体はAppleの商標としてラベル付けまたはマークされていませんが、いくつかのヒントは、クパチーノのハイテク巨人がそれらを所有していることを示しています。

ファイリングは「Realityo Systems LLC」という名前の会社の下にあり、パーカーが指摘したように、この会社が使用する会社の場所は、Appleが過去数年間にmacOSカリフォルニアのリリース名を保持するために使用したのと同じアドレスです。発売。

「realityOS」は、今年初めにApp Storeのアップデートログで誤って参照され、ある程度の容量で存在することが確認されました。rOS(realityOSの略)は、2017年にブルームバーグによって内部コードネーム「Oak」で最初に報告されました。

ブルームバーグによると、realityOSは最初にハイエンドのニッチなAR / VRヘッドセットで動作し、Appleは今年または来年初めに発表する予定です。Appleは最近、複合現実ヘッドセットをボードにプレビューしました。

ヘッドセットは、2つの4KマイクロOLEDディスプレイ、15のカメラモジュール、Mシリーズチップと同等の強力なプロセッサ、視線追跡機能、ハンドジェスチャサポート、空間オーディオ、およびその他の機能を備えています。それが発売されるとき、ヘッドセットはおよそ3,000ドルの費用がかかると予想されます。

Appleが今年WWDCでハードウェアを発表する予定があるかどうかについての噂は広まっていませんが、商標出願の日付は、AppleがAR/VRの将来のビジョンについてもっと共有する必要があるかもしれないことを示唆しています。2019年9月以来初めて、Appleは報道関係者の一部を招待し、6月6日にAppleParkで開催される特別イベントに「AppStore」コミュニティの開発者を招待しました。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年5月31日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。