一部のiPhone 14の発売はは遅れるのか?

フェイスブック、ツイッター、Pinterestユーザーなどによる今週初めのレポートによると、Appleとそのサプライヤーは中国でのCOVID-19の封鎖のためにiPhone14の生産に苦労していました。さらに、アナリストは、iPhone 14 Plus/Maxの生産が3週間遅れたと述べた。現在、アナリストのMing-Chi Kuo氏は、それにもかかわらず、AppleのiPhone14モデルの出荷計画はまだ順調に進んでいると述べています。

Ming-Chi Kuo氏は、新しいiPhone 14 Max(Proではない)が遅れを取っているとツイートしましたが、現在も制御されています。彼が書きました:

Kuo氏は、Appleが上海の封鎖以来iPhone14モデルの出荷計画を変更していないことを示唆している。iPhone 14 Maxは遅れをとっているが、現在も厳格なスケジュール管理されており、サプライヤーは残業してスケジュールに追いつくことができるだろうとのこと。

この数か月間、Appleとそのサプライヤーは、厳格な封鎖を伴う中国のゼロコロナ政策のために生産に苦労してきました。そうは言っても、Ming-Chi Kuoは、iPhone14の生産はまだ順調に進んでいると考えています。これは、最近のiPhoneの売れ行きが落ちていることちも関係しています。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年5月27日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。