著名アナリスト、Appleは2030年代に拡張現実コンタクトレンズをリリースする可能性

アナリストのMing-Chi Kuoは本日、Appleが拡張現実の「コンタクトレンズ」を2030年代にリリースすると予測しました。Kuoは、レンズは「可視コンピューティング」の時代から「不可視コンピューティング」の時代にエレクトロニクスをもたらすだろうと語りました。

Kuoは、レンズが「独立した計算能力とストレージを備えている可能性は低い」と述べ、iPhoneやその他のデバイスへの接続に依存している可能性があることを示唆しましたが、それ以上の詳細は提供しませんでした。

Appleのコンタクトレンズは、眼鏡やヘッドセットを着用しなくても、軽量の拡張現実体験を提供できます。簡単に言うと、拡張現実はデジタル情報を現実世界のビューにオーバーレイします。たとえば、屋外のショッピングプラザを歩いている人は、各店舗の営業時間を簡単に確認できます。

(via MacRumors

Last Updated on 2021年3月8日 by M林檎

コメントを残す