著名アナリスト、2022年のiPhoneは「パンチホールディスプレイ」を採用しノッチを廃止

アナリストのMing-ChiKuoによると、少なくとも一部の2022年のiPhoneモデルはノッチを放棄し、代わりに「パンチホールディスプレイデザイン」に切り替えます。これはSamsungの最近のハイエンドGalaxyスマートフォンと同様です。

Kuoによると、ホールパンチディスプレイのデザインは、少なくともハイエンドのiPhoneに採用され、生産量が十分であれば、2022年のすべてのiPhoneモデルでこのデザインを使用できます。

Appleは少なくともいくつかの将来のiPhoneでアンダーディスプレイTouchIDを計画していると噂されていますが、中国のスマートフォンメーカーZTEは最近、アンダーディスプレイ3D顔認識システムを披露したので、おそらくAppleは同様のソリューションを模索すると思われます。

(via MacRumors

 

Last Updated on 2021年3月2日 by M林檎

コメントを残す