Appleの幹部、ダン・リッキオが新プロジェクトに移行し、後任にジョン・テルヌスが就任

Appleは本日、現在のAppleハードウェアエンジニアリングのシニアバイスプレジデントであるダン・リッキオ(Dan Riccio)が新しい役割に移行し、神プロジェクトに集中することを発表しました。

後任は、ジョン・テルヌス(JohnTernus)で、Appleのハードウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデントに就任する予定です。

リッキオがどのプロジェクトに取り組むかについては何も発表されていませんが、Appleは、Apple Carと、さまざまな拡張現実および仮想現実デバイスを開発中です。「AppleCar」プロジェクトは最近、AppleAIのチーフであるJohn Giannandreaに引き継がれたため、Riccioの役割は、今のところ謎です。

今後、Riccioはエンジニアリング担当バイスプレジデントになり、格下げになります。このためリッキオは、近い将来の退職を予定している可能性があります。リッキオは、1998年に製品設計チームに加わってから、2010年にiPadハードウェアエンジニアリングのバイスプレジデントになり、2012年にハードウェアエンジニアリングチームを引き継ぎました。

後任のジョン・テルヌスは、2001年に製品設計チームの一部として最初にAppleに加わり、2013年にハードウェアエンジニアリングのバイスプレジデントに就任しました。

Last Updated on 2021年1月26日 by M林檎