Apple Silicon M1 MacでLinuxが動作可能に!

Corelliumは、ARMベースのテクノロジーのエミュレートに焦点を当てたソフトウェア仮想化会社です。そのCorelliumのセキュリティ研究者が、LinuxをApple Silicon M1チップに移植しました。これは、最終的にはオープンソースライセンスの下でリリースされます。

Corelliumの最高技術責任者であるChris Wadeによると、LinuxバージョンはUSBから起動される完全なUbuntuデスクトップオペレーティングシステムです。LinuxはAppleSiliconマシンで「完全に使用可能」になっていると同氏は語ります。

ネットワークの互換性はUSB-Cドングルを介して可能であり、プラットフォームの現在のアップデートはUSB、I2C、およびDARTをサポートします。Ubuntuオペレーティングシステムは、当初ARMベースのRaspberry Pi用のものであるとWade氏は付け加えました。

ポートにはいくつかの制限があります。M1 CPUを最大限に活用できますが、GPUアクセラレーションはサポートしません。つまり、グラフィックは現在ソフトウェアレンダリングモードに設定されています。macOSのネイティブパフォーマンスよりもグラフィックパフォーマンスがかなり遅くなります。

(via AppleInsider

Last Updated on 2021年1月21日 by M林檎