Apple、Thunderbolt Displayのような低価格の外部モニターを開発中

Bloombergのマーク・ガーマン氏によるとAppleは、低価格の外部モニターの初期開発を開始したとのことです。このディスプレイは、2011年に999ドルで発売され、2016年に廃止されたThunderbolt Displayの後継機種となります。

レポートによると、Appleの新しい低価格ディスプレイは、オプションの999ドルのスタンドを考慮に入れる前に4,999ドルで販売されているPro Display XDRと比較して、輝度とコントラスト比が低くなっています。

Appleの低価格ディスプレイのサイズ、解像度、その他の仕様についてはまだ発表されていませんが、Pro Display XDRには32インチの6Kディスプレイが搭載されており、Thunderbolt DisplayにはQHD解像度の27インチのパネルが搭載されています。

ディスプレイのフロントベゼルは、Thunderbolt Displayよりもはるかに薄い可能性があります。

(via MacRumors

Last Updated on 2021年1月16日 by M林檎