Apple、iPhone13及び折りたたみ式iPhone用のインディスプレイ指紋センサーをテスト中

Bloombergによると、Appleは折りたたみ式ディスプレイのたiPhone開発において初期の作業を開始したとのことです。開発はまだディスプレイ段階で、Appleのラボには完全に折りたためるiPhoneプロトタイプは製作されていません。

Appleは、折りたたんだ正体でiPhone 12 Pro Maxの6.7インチディスプレイと同様のサイズ、いくつかの折りたたみ可能な画面サイズについて検討しています。

Appleのデザインは、目に見えるヒンジで区切られた2つのパネルではなく、ディスプレイの下に電子機器が配置された「ほとんど目に見えないヒンジ」を備えていると言われています。

Bloombergは、折り畳み式の「iPhone」は「数年先」または「最終的には決して導入されない可能性がある」と述べており、Appleは、主に2021年に登場する主力のiPhoneおよびiPadのアップデートに焦点を当てています。

Appleのエンジニアは、2021年のiPhoneを2020年モデルの「S」バージョンと見なしていると言われています。Appleは過去に、「iPhone」モデルがよりマイナーなアップデートを特徴としていた数年間に「S」の命名法を使用してきました。

iPhone 13は、デザインの変更は軽微であると予想されますが、Appleは、ディスプレイ内のTouch ID指紋リーダーをテストしています。

(via MacRumors

Last Updated on 2021年1月16日 by M林檎