DigiTimesのレポート、2022年に発売されるミニLED MacBook Air

AppleのアナリストMing- ChiKuoによると、Appleは今年デバイスをミニLEDテクノロジーに移行し始めると主張していましたが、それを裏付けるように台湾のDigiTimesレポートは、AppleのMacBook AirのミニLEDバージョンが2022年に発売されるとするKuoの予想を繰り返しています。

Kuoは、Appleが2021年にiPadProモデルと再設計されたMacBookProをリリースし、続いて2022年に新しいMacBook Airをリリースし、すべてミニLEDディスプレイとAppleシリコンチップを搭載すると考えています。サプライチェーンの情報源を引用している2021年1月7日のDigiTimesレポートは、それを反映しています。

情報筋は、2021年にリリースされるAppleの11インチと12.9インチのiPad Proと16インチのMacBook ProセットにminiLEDディスプレイが搭載され、ミニLEDの採用が2022年にMacBookAir製品に拡大されると予想しています。

Kuoの楽観的なシナリオでは、「Apple Silicon」の採用とデザインの刷新により、MacBookの出荷台数は今後3年間で100%増加し、年間最大3,500万台に達すると見られています。

(via MacRumors

Last Updated on 2021年1月8日 by M林檎