Apple Carプロジェクトに多数の元テスラ幹部を採用、発売は5-7年後か?

Bloombergからの新しいレポートによると、AppleにはApple Carに取り組んでいる小さなチムがあり、開発を行っていますが、自動運転電気自動車のリリースは少なくとも5〜7年先になる可能性があるとのことです。

Apple Carプロジェクトの作業が遅れています。現在、パンデミックのため、チームの大多数は現在、自宅またはオフィスで限られた時間だけ働いているからです。

このプロジェクトに取り組んでいるエンジニアは、Appleが計画を進めれば、5年から7年で製品がリリースされる可能性があると考えています。

現在、元テスラ、BMW、Waymoの車両エンジニアであるJonathan Siveは、Apple Carチームのシニアマネージャーを務めています。Appleは2020年後半に元テスラ副社長のStuart Bowersを雇っています

レポートによると、Appleの電気自動車チームは全体として数十人の元テスラのハードウェアおよびソフトウェアエンジニアがいます。Appleには、現在プロジェクトに取り組んでいる数百人のエンジニアがいます。

Appleは最近、BMW AG、Tesla、AlphabetInc。のWaymoの車両エンジニアであるJonathan Siveを自動車プロジェクトのシニアマネージャーとして採用しました。2019年、Appleはテスラのドライブシステム担当元副社長であるMichael Schwekutschを起用し、車両の取り組みに取り組んでいる元テスラ従業員のリストを増やしました。

この動きに詳しい人によると、2020年後半に、Appleは別の元テスラ副社長であるStuart Bowersも雇った。LinkedInのプロフィールによると、彼は2019年半ばまでテスラの自動運転技術チームを率い、7月までベンチャーキャピタル会社Greylock Partnersのエグゼクティブインレジデンスでした。

さらに、Michael Schwekutschは、以前はTeslaのエンジニアリング担当副社長を務めた後、2019年にAppleのエンジニアリングチームに加わりました。Appleは、自動運転車チームのためにテスラの元従業員を雇居続けています。これにより、テスラのCEOであるElon Muskは、Appleを「テスラの墓地」と呼んでいます。

レポートによると、Appleには「ビークルダイナミクス、ドライブトレイン、安全機構、バッテリー技術」に取り組んでいる小さなハードウェアチームがあります。目標は、「人々が操縦するのではなく受動的に乗る未来のために、車のインテリアを再考すること」です。Appleのチップチームは、自動車の自動運転システムに電力を供給するプロセッサにも取り組んでいます。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2021年1月8日 by M林檎