Apple、macOS Big Surのスタンドアロンアップデートパッケージの提供を停止

Appleは、macOS Big Surにおいて、macOSのスタンドアロンアップデートパッケージファイルを提供するというmacOSの伝統をを終了させました。

Appleは、システム環境設定の「ソフトウェアアップデート」からmacOSアップデートを提供していますが、ユーザーは、AppleのダウンロードWebサイトからもスタンドアロンインストールパッケージをダウンロードできます。

Appleは、12月16日にmacOS CatalinaとMojaveのセキュリティアップデート用のスタンドアロンパッケージを提供しているにもかかわらず、macOS11.1または11.0.1用のスタンドアロンアップデーターをリリースしていません。

スタンドアロンパッケージは、同じ12GBのダウンロードで複数のMacを更新したい管理者にとって便利です。特に、デルタパッケージとコンボパッケージは、特定の更新に必要なファイルのみが含まれているため、サイズが小さくなります。

Macintosh氏によると、Appleは、スタンドアロンのアップデーターが必要なユーザーに「公式の立場」で連絡するようアドバイスしていますが、それが何を意味するのかは明確ではありません。

Appleは、macOSのアップデートパッケージの提供を終了したことを公式に説明していません。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年12月19日 by M林檎