Microsoft、Arm x64エミュレーションによりArm PCでWindowsネイティブアプリ動作させるプレビュー版を公開!

Microsoftが、Arm PC用のx64エミュレーションの最初のプレビューを発表しました。この機能は、開発チャネルのWindows Insiderで利用できるようになりました。つまり、Surface ProXのようなArm PCを使用しているWindowsユーザーは、Arm 64に移植されていないアプリをインストールできるようになりました。

新しいプレビューでは、WindowsユーザーはMicrosoft Storeまたは他の場所からx64アプリをインストールできます。Microsoftは、Autodesk、Sketchbookなどのx64専用アプリやRocket Leagueなどのゲームの動作を強調しています。Chromeなど、他のアプリは32ビットではなく64ビットとして実行するとメリットがあります。

Microsoftによると、新しいエミュレーション機能はまだテストの初期段階にあり、互換性とパフォーマンスは時間の経過とともに向上し続け、エミュレーションで実行される一部のアプリは最初は機能しない可能性があります。

WindowsのArmバージョンはPCで利用できますが、ライセンスの問題により、Windowsは、Appleの‌M1‌ Macと互換性がありません。Microsoftは、ハードウェアにプレインストールするためにWindows 10 on ArmをPCメーカーに提供するだけであり、コンシューマーバージョンは提供していません。

MicrosoftとAppleがライセンスの問題を解決して、それなりの価格でM1 Macで動作するようにして欲しいものです。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年12月13日 by M林檎