Apple,、MacBook用のマットブラック仕上げを研究

Appleは、iPhone、iPad、Apple Watch、MacBookなど、さまざまな製品の強力な光吸収マットブラック仕上げの特許を申請しています。

米国特許商標庁に提出された特許出願は、「マットブラックの外観を有する陽極酸化部品」と題され、仕上げの特徴とそれを達成するための可能な製造プロセスの概要を示しています。この特許は、仕上げがアルミニウム、チタン、鋼を含むさまざまな金属および金属合金に使用できることを示しています。

仕上げは、「可視光を吸収することができるランダムに分布した光吸収機能」を含む陽極酸化層を含みます。この層には、「色の粒子が細孔内に注入される」細孔が含まれています。結果として得られる表面は、深くて濃いマットブラックです。

本物の黒色を実現することは非常に困難であり、ほとんどの市販の「黒色」製品は実際には濃い灰色または青色です。この特許は、「陽極酸化層の細孔内に染料粒子を単に堆積させるだけでは、真の黒色を与えるには不十分である」と説明しています。

関係する問題の1つは、一般に、黒が真であるほど、仕上げの光沢が高くなり、それが大量の可視光を反射することです。陽極酸化層の表面を細孔でエッチングする際に、Appleは「一般的にすべての可視光」を吸収して、光沢を増すことなく、より真の黒の仕上がりを実現することができます。

この研究が実際の製品に反映されるかは未定です。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年12月5日 by M林檎