Apple、制御回路やセンサーを隠すことによってスリムベゼルを実現する方法を研究

iPhoneとMacのディスプレイ用のセンサーと回路を収納するベゼルの必要性を減らすことができない場合、Appleはそれらをはるかに小さく見せるための方法を研究しています。

AppleWatchからMacまでのデバイスに真のエッジツーエッジディスプレイがないのには理由があります。さまざまなディスプレイ技術でさまざまなサイズのベゼルが可能ですが、画面の周囲に制御回路またはセンサーを配置する必要があります。

Appleには、ベゼルなしで実際にディスプレイを作成するための答を見つけていません。しかし、今では、ベゼルが実際よりも少なくともはるかに小さいかのようにユーザーに見えるようにすることを提案するシステムがあります。

「ゼロボーダーディスプレイを模倣するための光学システムおよび方法」は、スリムベゼルを実現するための特許出願です。その6人の発明家には、Appleのハードウェアエンジニアリング担当バイスプレジデントであるJohnTernusが含まれます。

(via AppleInsider

Last Updated on 2020年12月4日 by M林檎