Apple、Pro Display XDRを調整するためのツールを含むDisplay Firmware 4.2.30を公開!

Appleは、本日、Pro Display XDR用の新しいDisplay Firmware 4.2.30をリリースしました。このソフトウェアは、フィールド内での再キャリブレーションを可能にする新しいPro Display XDRキャリブレータツールを含んでいます。

新しいキャリブレーションツールに加えて、Appleは、Pro Display XDRのキャリブレーションをユーザーに説明するサポートドキュメントを提供しています。ディスプレイの測定、ディスプレイ設定によるキャリブレーションの微調整、フィールド内再キャリブレーションの使用に関するウォークスルーがあります。

フィールド内での再キャリブレーションにより、ファームウェアアップデートで追加された機能を介してPro Display XDRをサードパーティの分光放射計に調整できます。これらのキャリブレーションには、新しいファームウェア、macOS Catalina 10.15.6、およびサポートされている分光放射計が必要です。

Appleは、周囲の照明の制御、低温の周囲温度でのキャリブレーション、分光放射計の最適なセットアップなど、Pro Display XDRの測定とキャリブレーションに関するいくつかの情報も提供しています。

Appleサポート→What’s new in firmware updates for Apple Pro Display XDR

(via MacRumors

Last Updated on 2020年12月2日 by M林檎