匿名アクセス「Tor」の功罪

Tor匿名ネットワーク(ブラウザ)は、約20年前の開始以来、絶えず論争を引き起こしてきました。特に人権の記録が乏しい国では、オンラインのプライバシーを保護し、検閲を回避するための重要なサービスであると評価されています。

一方、批判する者は、Torは、児童虐待の画像を配布したり、違法薬物を人身売買したり、その他の違法行為に従事したりする犯罪者を保護していると主張しています。

月曜日に研究者たちは、Torの潜在的な害と利益を測定しようとする新しい推定値を発表しました。彼らは、世界中で、Torユーザーのほぼ7%が隠されたサービスに接続していることを発見しました。

研究者は、通常のインターネットサイトと比較して、違法なサービスやコンテンツを提供する可能性が非常に高いと主張しています。隠されたサービスへの接続は、政治的に「部分的に自由」または「自由ではない」国と比較して、より政治的に「自由」と評価された国で大幅に高い結果となりました。

具体的には、隠されたサイトにグローバルにアクセスするTorユーザーの割合は6.7%であり、比較的小さな割合です。ただし、これらのユーザーは地理的に均等に分散されていません。フリーダムハウスと呼ばれる組織からのこのスコアによって「自由ではない」と評価された政権を持つ国では、隠されたサービスへのアクセスはわずか4.8パーセントでした。政治的に「自由」な国では、その割合は7.8パーセントに跳ね上がりました。

より政治的に「自由」な国は、「部分的に自由」な国または「自由でない」国のいずれかに存在するよりも、隠しサービスへのトラフィックの割合が高くなります。

推定値は、研究者が2018年12月31日から2019年8月18日まで監視し、5月4日から5月13日までデータ収集を中断したTorエントリノードの1%を含むサンプルに基づいています。

推察ですが、Torは、政治的に自由な国で児童ポルノなどの犯罪行為に利用される傾向が強いようです。

(via ars technica

Last Updated on 2020年12月1日 by M林檎