Appleは、インクルージョンとダイバーシティの新しい責任者として元Intelの幹部を採用

Appleは、インクルージョンとダイバーシティの新しい副社長としてBarbara Whyeを採用したことを発表しました。Whyeは、現在インテルで同様の役職に就いており、2021年にAppleに入社する予定です。

採用はフォーチュンによって最初に報告されました。フォーチュンは今年、最も強力な女性のリストにWhyeを含めました。彼女は1995年にエンジニアとしてIntelに入社し、それ以来、Whyeは、世界中で新しいIntel施設を立ち上げるためのエンジニアリングプロジェクトを主導するなど、会社でさまざまな役割を果たしてきました。

クパチーノに本拠を置くこの会社は、過去25年間、Whyeの才能を「世界的に認められたリーダー」として認めています。

Appleは、Christie Smithが6月に会社を辞めて以来、インクルージョンおよびダイバーシティチームの新しいリーダーシップを探してきました。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2020年11月20日 by M林檎