iOS 14.3、iPhone 12 Pro/ iPhone1 2 Pro Maxに新しいProRAW写真形式を追加

Appleは本日リリースし、iOS14.3の最初の開発者ベータ版をすぐに削除しました。9to5Macは、短期間で新しいベータ版をインストールして、何が新しくなったのかを確認することができました。最も注目すべき変更点の1つは、iOS14.3がiPhone 12 ProでAppleのProRAW写真形式をサポートすることです。

iOS 14.3が利用可能になると、[カメラ]セクションの[設定]アプリから[フォーマット]の順にオプションを有効にできるようになります。設定アプリの該当領域に、AppleProRAWの新しいトグルが表示されます。Appleは、ProRAW形式の各ファイルのサイズが約25MBになると警告しています。

ProRAWのカメラコントロールを表示します。ProRAWは、リニアDNG形式を使用してファイル内のより多くの情報とダイナミックレンジを保持する12ビットファイルであり、露出とホワイトバランスを編集する際の柔軟性を高めます。各ファイルは約25MBです。

この設定を有効にすると、カメラアプリの右上隅に新しいRAWトグルが表示されます。トグルをタップして、ProRAW写真形式でのキャプチャを有効または無効にできます。この機能は、iPhone 12ProおよびiPhone12 ProMaxでのみ使用できます。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2020年11月13日 by M林檎