M1チップを搭載したMacBook Air、ベンチマークテストで16インチMacBook Proのパフォーマンスを上回る!

Appleは、Appleシリコン「M1」チップを搭載した最初のMacを発表しました。こ同社によれば、M1チップは、ほとんどのPCプロセッサよりも強力ですが、新しいベンチマークテストでは、M1チップを搭載した新しいMacBook Airが、Intelプロセッサを搭載した16インチMacBook Proのすべてのモデルを打ち負かしたことが明らかになりました。

Geekbench 5による新しいベンチマーク結果では、M1チップを搭載した新しいMacBook Airは、シングルコアテストで1687、マルチコアで7433を獲得しました。

比較したIntel Core i9プロセッサを搭載したハイエンドの16インチMacBook Proモデルは、シングルコア1096とマルチコア6870を獲得しています。MacBook AirのM1チップが、シングルコアとマルチコアの両方でIntel Core i9プロセッサよりも優れたパフォーマンスを発揮できたという事実は非常に驚きです。

ベンチマークの結果は、M18コアチップの基本周波数が3.2GHzであるのに対し、16インチMacBook Proに搭載されている8コアIntel Core i9プロセッサは2.3GHzで動作し、ターボブーストは最大4.8GHzであることも明らかにしました。

これらの結果を使用して行うことができる他の興味深い比較もあります。たとえば、M1チップは、少なくともGeekbenchの結果に基づいて、Mac Pro(2019)のエントリーレベルモデルと同様のパフォーマンスを提供します。Mac Proのスコアはシングルコアで1024、マルチコアで7989です。

Appleによれば、M1チップは、MacBook Air、13インチMacBook Pro、Mac miniなど、今週更新されたすべてのMacモデルで同じです。ただし、MacBook ProとMac miniの両方に内部ファンがありますが、MacBook Airにはありません。これにより、これらのモデルでは、持続的なパフォーマンスがさらに向上します。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2020年11月23日 by M林檎